どんな器具を使う?

医療機関で行うレーザー脱毛で使うのは、医療機関でしか使用が許可されていない機器だったりします。エステサロンにも脱毛をしてくれるところがありますが、それとは一段レベルが違うと考えておいて間違いはないでしょう。 最近は家庭でも光脱毛器具を使うケースが多いですが、それに比べると圧倒的に出力が高いので、より効果的に毛根を破壊することができます。ですから、永久脱毛という文句が使えるのは、医療機関だけだったりするのです。エステサロンではこの文言は基本的には使うことができません。 レーザー脱毛は昔から行われていましたが、最近は使う器具も進化しています。出力を自動でコントロールすることができたり、ミスが少なくなるような機能が備わっているものが多いので、やけどなどをする心配が限りなく小さくなっています。安全性についてはかなり気が使われているので、不安に思う必要はまったくないのです。 レーザー脱毛なら、毛根を破壊して毛がずっと生えてこなくなりますから、女性にはメリットがとても多いです。毛穴の広がりを防げますし、発汗を抑えることもできます。なぜなら、レーザーを照射すると毛穴のそばにある汗腺という組織も潰してしまうことができるからです。

関連サイト紹介

医療脱毛は皮膚が弱く、化粧品などでも被れてしまう人に向いている脱毛方法です。その名の通り医療なので、皮膚のケアやアフターケアもしっかりとしてもらえ安心です。

レーザー脱毛の料金について

レーザー脱毛は脱毛サロンで行うものと、医療機関で行うものがあります。医療機関では医師が施術するため、脱毛サロンで行うものより高いレーザーを照射することが可能です。 しかし、その分脱毛サロンに比べると費用は割高と言えます。費用は医療機関によって様々なので一概には言えませんが、一番小さいワキなどの部位でも1回あたり数千円から数万円する場合もあります。それに比べ脱毛サロンではキャンペーンやクーポンなどを利用すると同じワキの部位で比べても永久脱毛で数百円から数千円という場合もあります。 費用だけを比べてみると脱毛サロンの方がお得な感じがありますが、医療行為に当たらないレーザーの威力が低い機械しか使用できないので、毛が気にならなくなるまでに数年以上かかるという場合も多いです。永久脱毛の場合には安くできた方がいいという方もいますが、回数が決まっているコースの場合には、一回辺りの単価が高いけれども早く結果の出やすい医療脱毛か、一回辺りの単価は低いけれども回数が多くなりやすい脱毛サロンかよく検討する必要があります。効果の出やすさは人それぞれですが、一般的に毛が気にならなくなるまでにかかる費用として比較すると良いです。

レーザー脱毛ウォーカー